〔PHOTO〕gettyimages

「嵐まだ?」奉祝ムードでかき消された「国民祭典」の“珍場面集”

古事記紹介、謎の「天皇陛下万歳」連呼…

「天皇陛下万歳! 皇后陛下万歳! 天皇皇后両陛下万歳!」

人気アイドルグループの嵐が奉祝曲を歌うことで話題になった9日の「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」は、しかし、最後の「天皇陛下万歳」連呼によってすべて持っていかれた感がある。

中継を最後までみたひとは、少なからず、あのシーンに違和感を覚えたのではないだろうか。こういう祝典だから「万歳」はいいけれども、さすがに長く、目立ちすぎではないか――と。

〔PHOTO〕gettyimages
 

事件は、式次第どおり伊吹文明(奉祝国会議員連盟会長)首唱の「天皇陛下万歳」三唱が行われ、天皇皇后がまさに退場しようとするときに起こった。どこからか、突然「天皇陛下万歳!」の大声が上がったのである。

一般の参列者が地声でいくら叫んでも、ここまで明瞭に音は入らない。拡声器かなにかの機器を用いたと考えられるものだった。

中継の動画をみると、安倍首相ら壇上のお歴々は、手を挙げずに、じっとしている。まるで謎の音声が紛れ込んでしまったかのようだった。

じっさいは主催者側の「仕込み」だったとされるが(参照「祝賀式典、なかなか終わらない「万歳三唱」いったい誰が? 運営側が明かす真相」)、SNSや動画のコメント欄では、式典に肯定的なひとからも「あれはない」「やめさせろ」などと疑問視する声が多数上がった。

この手の式典は「奉祝ムード」のなかで、きれいにまとめられやすい。現に、違和感の残るシーンはほとんど報道されなかった。だからこそ、ここでその珍場面の数々をしっかり記録しておきたい。

編集部からのお知らせ!

関連記事