photo by iStock
# 事件 # 裏社会

芸能人とクスリ、売人から「シャブ漬け」にされる「知られざる手口」

官僚も人妻も…

11月16日、女優の沢尻エリカが警視庁に逮捕されたとの一報が日本列島を駆け巡った。合成麻薬のMDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反容疑で逮捕された形である。11月6日には、覚せい剤を所持していた容疑で、元タレントの田代まさしが逮捕されたばかり。ここのところ有名人のドラッグ騒動が後を絶たないが、みずからの身をほろぼすクスリの罠にはまってしまうのはいったいなぜなのか――。「芸能人でも一般人でも変わらない。いつの間にかシャブ漬けにさせられて、離れられなくするんだ」と、あるドラッグ関係者は明かす。日本全体に蔓延するドラッグ中毒、そのヤバすぎる手口に迫った。

逮捕された沢尻エリカ〔photo〕gettyimages

「クスリと女はワンセット」

11月6日、覚せい剤を所持していた容疑で、薬物事犯では通算5回目の逮捕となった田代まさし。筆者が田代に話を聞こうと直撃取材を試みたのは今から2年前、2017年10月のことだった。

2017年10月の田代まさし
拡大画像表示

当時も田代は薬物依存症患者の更生施設「ダルク」の職員として働いていたが、ある関係者からこんな情報が寄せられたためだ。

「田代がまたおかしくなった。あいつ、他のスタッフに対して急に見下すような態度を取るようになった。出勤時間もぜんぜん守らないし、わけのわからないことを口走ることもある。また警察にマークされているって話だよ」

 

その頃の田代といえば、二度目の懲役を終えて3年が経ち、ダルクの「広告塔」として全国各地のイベントや講演会に出演するなど、その業界では引っ張りだこの人気タレントになっていた。

やっかみ半分、面白半分のガセネタをつかまされた経験は何度もある。だが、その関係者はさらにこう続けた。

「どうやら田代が女と同棲しているらしいという噂があるんだ。まあ、女がデキたのはいいけど、薬物経験者から言わせてもらえば、クスリと女はワンセットセックスをするとクスリが欲しくなるし、クスリをやれば女がほしくなる。快感は女のほうが100倍以上って言われるけど、人間は一度シャブセックスの味を知ったら最期、死ぬまで忘れられないんだ」