# 地方創生

日本人は、ここから「多拠点生活」をすべきワケ

「知らないこと」を知るのが大切な時代

1つの場所にとらわれない「新しい生き方」

近年、「多拠点生活」という言葉を聞くことが増えました。

〔photo〕iStock

みなさんは「多拠点」と聞いてどんなイメージを抱くでしょうか? 最も想像しやすいのは、自宅とは別に部屋を借りるなどして拠点を2つ持つ「デュアルライフ」かもしれません。

このほかにも、多拠点にはさまざまな形があります。

 

拠点を持たずに日々いろいろな場所で過ごす生活も多拠点ですし、休みのたびに旅に出る生き方もある意味では多拠点生活といえるでしょう。

また、東京などを主な拠点としながらいくつかの地方に拠点を持ち、回遊するようなパターンもあります。

いずれにしても、1つの地域や場所にとらわれてほとんどその中でだけ活動していく生活ではなく、地域間を移動したり、主な拠点とは異なる地域と関係性を持ったりすることが、広い意味での多拠点生活ではないかと思います。

私が代表を務めるレオス・キャピタルワークスにも、多拠点生活を送っている社員がいます。社長秘書兼広報のSさんです。