〔photo〕iStock
# 離婚

年収900万円の会社員、あえて不倫妻から「慰謝料」を放棄したワケ

ほとんどの財産を失う男たちの現実

遊ぶカネ欲しさに、妻は…

夫婦が結婚している限り、夫名義の財産も夫婦の共有ですが、離婚するのであれば、夫の財産の半分を妻に渡さなければならないのが原則です(=離婚財産分与。民法768条)。

しかし、このことに納得がいかないのは今回の相談者・桑野洋介さん。洋介さんは結婚10年目。最近妻が別の男と浮気していることが発覚したうえ、住民税などを滞納していたことまで明らかになって、夫婦はついに離婚をすることに……。

夫婦の貯金用の口座からは住民税の滞納分など300万円分ほど支払われており、あとは300万円しか残っていないのですが、洋介さんはこれを「どうしても妻に渡したくないんです!」と訴えます。一方で、そこにこだわりすぎると離婚協議がまた前に進まなそうで……いったい、洋介さんはどうすればいいのでしょうか。

 
<相談者の属性(すべて仮名)>結婚10年目
 桑野洋介(48歳・会社員・年収900万円)
 桑野美音(42歳・デザイナー・年収不明)

そもそも夫婦の貯金口座は住民税や健康保険の滞納分に充てるために積み立ててきたわけではないので、本来、洋介さんは妻に対して300万円を返すように求めることが可能です。

しかし、「いざというとき(滞納で差押)のために夫に積み立てさせておいて良かった」と本気で言うような相手に、「300万円を返す」という約束を取り付けるのは相当に大変です。

〔photo〕iStock

妻のこれまでの言動を考えれば、返すつもりがないのに軽い気持ちで「返す」と言う可能性もゼロではありませんが、毎月、遊ぶ金欲しさに社会保険料を滞納するような人間なので、300万円をすべて取り立てるのは気が遠くなる話です。

このように考えると過去の清算(300万円の回収)より、将来の被害を優先した方が良さそうです。将来の被害とは「他の財産の分与」、「慰謝料の請求」、「滞納分の再差押」の3つですが、順番に見ていきましょう。