〔photo〕iStock
# 離婚

結婚10年目の不倫、バレた妻が「逆ギレ」して夫に迫ったヤバイ要求

証拠はすべて揃った

「秘密主義」の共働き夫婦

私は行政書士をしながら男女問題研究家として活動しており、これまで何千件という離婚などの男女トラブルの相談を受けてきます。

現在は3組に1組が別れる大離婚時代。とはいえ、いざ離婚をすると決意をしてもそう簡単にはいきません。実際に離婚するまでには夫婦間でさまざまないざこざが生じて、その間にいざこざに発展することも少なくありません。

今回の相談者・桑野洋介さんもそんな妻との離婚の悩みに頭を抱えている一人。すでに妻とは家庭内別居状態だったのですが、そんなある日、夫婦にとって決定的な出来事が起こってしまったのです。

〔photo〕iStock
<相談者の属性(すべて仮名)>結婚10年目
 桑野洋介(48歳・会社員・年収900万円)
 桑野美音(42歳・デザイナー・年収不明)

共働きで子どもがいない夫婦にとって相手の懐具合は関心事の一つ。

しかし、洋介さんは結婚から現在まで妻の収入や貯金を尋ねるような無粋なマネをしたことはなく、お互いに納得の上で秘密主義を貫いてきました。

 

さらに洋介さん夫婦は、結婚時から家族の貯金用の口座を作っていました。

毎月いくら貯めるのかは自由ですが、洋介さんは毎月5万円を給与振込口座から貯金用の口座に送金する定額自動振替の手続を行っていました。一方、妻が毎月いくら入金するのかは洋介さんは干渉せず、妻に任せていたので、洋介さんはあえて口座の残高を確認せずにいました。

この口座は妻の希望もあり、洋介さんではなく妻名義にしていたようですが、これが大問題の火種になろうとは…。