先日の台風の影響により放送が見送りとなっていた大人気テレビ番組『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日)が今夜11月10日(日)の21:00~放送されることとなった。毎年恒例となっている番組企画である、石橋貴明氏率いる‟チーム石橋”と松井秀喜氏率いる‟チーム松井”の野球対決を楽しみにしていた人も多いのではないだろうか。

昨年の放送に引き続き、松井氏は母校の星稜高校のユニフォームに身を包んでの参戦とのことだが、今回FRaU WEBでは、そんな松井氏の高校生時代のエピソードを、幼少期から読売ジャイアンツに入団するまでの道のりが綴られた講談社文庫『ひでさん〈松井秀喜ができたわけ〉』より抜粋掲載し紹介しようと思う。

星稜高校への進路選択の決め手とは一体何だったのだろうか? 当時の野球部監督が松井氏との握手で感じた、「新たな可能性」とは?


今までの連載はこちら

進路選択に揺れる心

迷っていた。小松明峰か星稜か。

高校の進路について中学2年までは、家から自転車で20分ぐらいの所にある石川県立小松明峰高校に行きたいと思っていた。目標である兄の利喜も小松明峰に進んでいた。さらに秀喜が住んでいる根上町は南加賀と呼ばれていて、「小松明峰に行って星稜を倒そう」と、金沢に対抗意識を燃やしていた。

そして星稜はいわゆる石川県の巨人軍のような存在。阪神ファンの秀喜は、「家から通学に1時間もかかる星稜に行ってまで、がつがつやらなくたっていいんじゃないかな。それに星稜を倒せば、甲子園に出られるんでしょ」と強気だった。

――慶應大学に進んで、六大学野球をやりたい。

という気持ちが強かった。しかし星稜高校から熱心に接触される度に心が揺れ、星稜に気持ちが傾いていっているのは確かだった。

Photo by iStock

星稜高校の野球部監督、山下智茂は、コーチの高桑が教え子ということもあって、たまたま根上中野球部の練習を見に来ていたその時のこと。キャッチャーの秀喜が座ったまま2塁に投げた姿を見て驚いた。

――すごい肩、強いな。

高桑を呼んだ。
「お前のとこのセンターライン凄いな」
「監督! キャッチャーの松井は2年生ですよ」

とてつもない素質だ。山下は中学2年の秀喜をひと目見ただけで、目を離せなくなっていた。それで、高桑を通じて、「ぜひ星稜に来てほしい」と呼びかけることにした。