トマトとアボカドの栄養は優秀

トマトは過熱することで抗酸化作用が高くなります。脂溶性ですから油と一緒に食べると吸収率があがります。リコピンは赤い色素。効果をあげるために、できるだけ赤いプチトマトが望ましい。1個分の栄養が凝縮されています。余談ですが、キャベツもミニキャベツがいいんです。プチトマトは1日に9個を食べるようにしましょう。生の場合は抗がん作用もあると言われています。トマトにはビタミンA、B1、B2、C、E、ルチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維が含まれます。リコピンの抗酸化作用は強力で、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍とも言われています」

加熱すればリコピンが多く、生はビタミンCが多い。食べ方で栄養素が変わってくる。有効な摂り方を知らなければ、一所懸命に食べても無駄が出る。

アボカドはビタミンA、B群、C、E、が多く、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、葉酸を含み、ルチンやアミノ酸も多く、食物繊維もあるというすぐれた食べものです。不飽和脂肪酸(リノール酸、オレイン酸)が多いので、悪玉コレステロールを減らします。動脈硬化にいいことは知られています。ルチンも多く含まれるので、炎症を抑え、血流の改善にも有効です。関節にもいいのでぜひ食べてください。

トマトもアボカドも、リウマチの人にかぎらず、誰が食べてもいいことは成分を見ればわかります」

Photo by iStock

無塩のトマトジュースを温めて、オリーブオイルを小さじ1杯入れ、スープのように毎朝、飲むことをすすめられた。トマトにオリーブオイルを加えるとリコピンの吸収がよくなる。ルチンは毛細血管を強化し、抗酸化作用もある。血圧や血糖値を下げ、すい臓の機能を活性化すると言われている。オリーブオイルは純度が高いものがいい。値段はあがるが不純物が多いと老廃物になるので、体内に入れたくない。

ニンジンもビタミンAが多く含まれる。ニンジンジュースをジューサーで作っていたが、作る手間、片付ける手間が私には大きな負担だと話した。100%のニンジンジュースを買って、それにオリーブオイルやえごま油を小さじ1杯入れて飲むといいと言われた。えごま油は熱に弱く、酸化するので、温めたものには使わないように注意された。ジュースを使えば簡単だ。これならば続けられると思った。