オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/adachi-yumi/)トップページより

今や「美のカリスマ」元天才子役・安達祐実の奇跡はこうして成された

神童と呼ばれる重み

一昔前と違う子役事情

芸能ビジネスの世界では、長らく「子役は大成しない」と言われてきた。「子役で大成したのは故・美空ひばりさんくらい」という言葉もあった。だが、今やそんなジンクスは完全に消えた。

子役としてデビューし、現在も第一線で活躍する俳優、女優はというと、池松壮亮(29)、神木隆之介(26)、染谷将太(27)、中川大志(21)、濱田岳(31)、柳楽優弥(29)、井上真央(32)、杉咲花(22)、志田未来(26)、松岡茉優(24)、宮崎あおい(33)と、枚挙に暇がない。

池松壮亮はハリウッド映画『ラストサムライ』(2003)の撮影当時12歳だった(photo by gettyimages)
 

なぜ、昔は子役が大成しにくかったのか? 第一に、子供のころからスター扱いを受けることで、感覚が麻痺する者がいたためらしい。スタッフに対して居丈高に振り回ったり、浪費を繰り返したりする子役がいたという。売れなくなった後も浪費癖が直らず、犯罪に走ってしまった者もいた。市井の人と感覚がズレてしまったら、いい俳優、女優になるのは難しいだろう。

「今の子役出身者は違いますよ。元子役だからダメなんてことはありません」。そう語るのは芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏だ。そうなった理由の一つは、芸能プロダクションが子役時代から一貫してマネージメントするようになったから。子役の面倒を一生みる覚悟で育成や仕事選びをしている。

以前の子役は多くが児童劇団や子役専門プロダクションに所属していたので、思春期以降のマネージメント能力面が弱かったようだ。また、売れっ子の子役を甘やかしてしまうこともあったらしい。今は有望な子役を児童劇団や子役専門プロダクションからスカウトする芸能プロダクションも多い。