2011.06.09(Thu) 内藤 忍

「『ストレスの雨』をやりすごすには、他人の傘を借りる柔軟さが大切です」

河合薫さん(健康社会学者)に聞く「食とストレス」 Vol.3

筆者プロフィール&コラム概要

河合: でもね、みんな表向きは気を抜けず、スイッチは入れているものなんですよ。私もいまそうですけどね(笑)。ものすごく緊張する人間だし、いつも不安だからこそ、不安を埋めるためにいろいろやったり。誰もが二面性をもっているんじゃないでしょうか。

二面性も多面性もあって人間

内藤: ものすごく緊張する方が、テレビで人前に出る仕事を選んだのがすごいと思います。

河合: 緊張しつつもお天気がおもしろくて。天気を自分で予報できるようになったら、新しい靴も濡らさなくてすむし、週末天気が悪いとわかれば、家でゆっくり過ごすと事前に決められる。天気が良ければ、出かける予定を決められるので、おもしろくなったんです。

内藤: 河合さんのように、二面性があるからこそ、個性が際立つものなんでしょうね。

河合: どうなんでしょうかね。でも、かなりの小心者なんで、あれこれ考えてしまって不安なことが多い。でも、これがまた不思議で、いったんこれだと決めたら、ものすごく強くなれる。なんでも来い!って感じです(笑)。

内藤: 弱いけれど強い、強いけれど弱い。どちらも自分ということですね。

河合: そうです。人から見られている自分と、本当の自分の違いも大きいと思っています。そういう人は多いのではないでしょうか?

内藤: 僕もそうですね。自分はコツコツ型だと思っているのに、周りからはチャラチャラと好き勝手なことをやっていると思われがちなんですよ(笑)。

河合: 私も人見知りなのに社交的に見られています。私が人見知りだと言うと、「人見知りの意味わかってる?」って返されますよ(笑)。

内藤: 僕も「友達たくさんいるでしょ?」って聞かれるんですけど、実は人付き合いあまり得意ではないんです(笑)。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。