撮影/佐藤圭
# 動物

ジェット攻撃機に名を冠されたハイスペック猛禽類が獲物を探索中!

北海道から毎日お届け中!

垂直に飛び立てる唯一の猛禽類

どんより曇った秋の午後、国道を車で走っていると、進行方向の上空に、獲物を探して道路沿いを飛翔する鳥を見つけました。

先回りして、草藪に隠れ、向かってくる鳥を狙いました。

 

ファインダー越しに見ると、飛んでいたのはチュウヒでした。

チュウヒは漢字で書くと「宙飛」。英語名は「ハリアー/Harrier」で、チュウヒが垂直に離陸できる唯一の猛禽類であることから、イギリスで開発された垂直離着陸攻撃機に「ハリアー」の名が付けられたそうです。トヨタのSUVにも「ハリアー」という車がありますね。こっちは空は飛べないでしょうが。

滑空しながら、地上の獲物を探すチュウヒ
 
垂直に離陸できる唯一の猛禽類です
 

夏の間はシベリアのほうで暮らし、越冬のために日本に渡ってくるので、秋の渡りの時期は日本各地で目撃されます。

道北サロベツ原野では、繁殖している個体もいます。

チュウヒは、湿原や干拓地、大きな川の河口部の葦原などで繁殖しますが、そのような場所は日本ではどんどん埋め立てられているので、個体数がどんどん減っているようです。

環境省レッドリストで絶滅危惧種に指定されるほど数の少ない鳥です。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!