〔PHOTO〕iStock

田代まさし「覚せい剤で再逮捕」…薬物依存症の治療は失敗だったのか

まだ薬物との闘いに負けたわけではない

5回目の逮捕

田代まさしさんが、覚せい剤所持容疑で逮捕された。

今回で5回目の逮捕になるという。前回は2010年にコカイン所持で逮捕され、服役している。

報道によれば、今年8月、宮城県の宿泊施設から「不審なものがある」との通報があり、警察が調べた結果、覚せい剤であることがわかり、その部屋に宿泊していたのが田代さんだったという。

そして11月6日、都内の自宅に捜査員が赴いた際、自宅にも覚せい剤を所持していることが発覚し、現行犯逮捕された。

〔PHOTO〕iStock
 

SNSなどでは、さぞかし嘲笑したり呆れたりするコメントが多いのかと思ったが、実際はそうでなかった。予想に反して「残念」「薬の怖さがわかった」などのコメントのほうがはるかに多い印象だ。

これは、田代さんが薬物依存症の啓発運動などに携わっており、その頑張る姿を見て、彼の立ち直りを応援していた人が多かったことによるのかもしれない。

あるいは、それだけ頑張っていても再度の逮捕という事実を見て、改めて薬物依存症の怖さが実感されたのだろう。

さらには、田代さんだけでなく、ダルクの人々や依存症の支援に携わる人々が、地道に啓発活動を続けた結果、薬物依存症に関する世の中の意識が少しずつ変化してきた結果によるのかもしれない。