IQよりも将来への影響が大きい…「非認知スキル」とは何か?

発達心理学の最新知見から
森口 佑介 プロフィール

子どもの将来を占う能力

現在、世界の教育機関や研究機関、国際的な組織において、子どもの実行機能が非常に注目されています。20世紀末から学術的研究が爆発的に増え、基礎研究の段階を経て、現在は家庭や保育・教育現場において支援・応用する段階に入っています。

筆者も、現在、さまざまな自治体や保育・幼児教育の現場で、実行機能に関する支援事業にかかわっています。その意味で、子どもの実行機能が重要であることはもはや世界の常識になりつつあります。

国外でどれほど重視されているかはのちに詳しく触れますが、子どものときにこの能力が高いと、学力や社会性が高くなり、さらに、大人になったときに経済的に成功し、健康状態も良い可能性が高いことが示されています。

逆に言えば、幼い頃に実行機能に問題を抱えると、子ども期だけではなく、将来にもさまざまな問題を抱える可能性があります

つまり、実行機能は、子どもの将来を占ううえで、極めて重要な能力なのです。

 

IQよりも大きい将来への影響

ところが、日本では、実行機能という言葉自体ほとんど知られていません。実際、実行機能が子どもの将来に重要だと言われても、「実行機能なんて聞いたことがない」とか、「いやいや、IQのほうが大事でしょ」とか思われることでしょう。

IQが重要であることは確かなのですが、最近のいくつかの研究から、実行機能は、IQよりも子どもの将来に影響を与える可能性があることが示されています。

さらに、より重要なこととして、実行機能は、IQよりも、良くも悪くも家庭環境や教育の影響を受けやすいのです。のちの章で触れるように、支援や訓練が可能な一方で、劣悪な環境にいると実行機能は育ちません。

もちろん、一つの能力だけで子どもの将来が決まるわけではありません。この点は留意が必要ですが、さまざまな研究において、一貫して、実行機能や自制心が子どもの将来に影響を与えることが示されており、その重要性は明らかです。子どもの持つ多様な能力すべてに目をくばることは不可能なので、有望な能力に注目が集まるのは当然と言えます。

本書では、

・実行機能は、どういう能力を指すのか
・実行機能は、どのくらいの年齢で、どのように育つのか
・実行機能は、子育てや教育・保育によって、どのように育むことができるのか
・実行機能は、(子どもも大人も)鍛えることができるのか

について詳しく紹介したいと思います。