〔PHOTO〕iStock

東レ・キャンギャル「枕営業訴訟」3つの恐喝事件のヤバすぎる背景

あまりに複雑…どうなっているのか

仕掛けられた「枕営業」

「会った記憶は、うっすらとしかありません。食事した記憶もない。ただ、書かれたようなことはありません。事実無根です」

11月5日午前10時、東京地裁の法廷で証人を被告人や傍聴人の視線から守るための衝立の内側で、マンション販売などを営む不動産会社のA社長は、言葉を選びながら尋問する検事に答えていた。

記憶があいまいな相手は、数年前、東レキャンペーンガールに選ばれたBさん。選ばれる前年、2人は都内ホテルで食事し、カラオケルームに行った。そこで30万円を渡したA社長は「わかっているんだろう」と関係を迫ったという。

〔PHOTO〕iStock

未遂に終わったというが、これがBさんの所属事務所社長の仕掛けた「枕営業」であることが、Bさんの事務所移籍に伴う民事訴訟で明らかになる。

このトラブルで、Bさんはキャンペーンガールの内定を取り消された。その“恨み”もあってBさんは、被告となった移籍した事務所側の証人として、昨年8月、枕営業を強いた小林英雄社長の実態を暴露した(今年4月末、原告となった小林社長側の敗訴で決着)。

 

この枕営業が、すべての発端だった。今年に入って警視庁組織犯罪対策3課は、互いに絡み合って複雑な3つの恐喝事件を摘発、すべて起訴され、現在、公判が始まっている。

ひとつひとつは小さな事件だが、その裏には大きく展開させて“手柄”にしたかった警視庁組対3課の思惑、図らずも恐喝の舞台となったネットジャーナリズムの存在感、連座した最後の総会屋の意地、事件の先を見据えた検察の期待などが絡み合う「今」を象徴する事件となった。