山口組ナンバー2「緊迫の出所祝い」で司組長が吐き捨てた「ひと言」

「七代目就任」に暗雲か…?
時任 兼作 プロフィール

「たわけ!」

だが、山口組は高山氏の服役中の2015年に分裂した。それだけに、再統一が宿願となっていた。

出所した高山氏は、早速、檄を飛ばした。かくして祝いの席は、まさに「7代目就任宣言」の場と化したのだという。複数の警察関係者の証言から、以下のような場面が展開されたことが明らかになった。

 

「たわけ!」

祝い膳に付けた箸を止めた高山氏は怒声を放った。口の中のものを吐き出す勢いで、側近を叱り飛ばしたのだ。

「来賓が少なくて申し訳ありませんが、何分、総本部さえも使えない有様で人が集まりにくいもので──」

そう詫びる側近の言葉をさえぎってのことであった。そして、高山氏はこう続けた。

「わしがいるとこが、本部じゃ」

まさに七代目宣言である。

さらに高山氏は、獄中から出した指示通りに物事が運んでいないことも叱責し、こう檄を飛ばした。

「入江(禎・二代目宅見組組長。神戸山口組の副組長)に組を戻させろ。それから寺岡(修・侠友会会長。神戸山口組の若頭)、正木(年男・正木組組長。神戸山口組総本部長)もだ。組を戻させて引退させろ。そうしないなら、戦争だ」