Photo by iStock

山口組ナンバー2「緊迫の出所祝い」で司組長が吐き捨てた「ひと言」

「七代目就任」に暗雲か…?

さっそく出てきた「組内のゴタゴタ」

「寄るな!」

東京・品川駅の新幹線ホームに怒声が響き渡った。10月18日、早朝のことだ。

怒声を上げたのは、同日、府中刑務所から出所し、迎えの車で品川駅に着いたばかりの山口組ナンバー2・高山清司若頭のボディガードを務めていた人物だった。

「いったい、何事だ?」

その場に臨場していた捜査幹部の間に緊張が走った。暴力団捜査を担当する警視庁組織犯罪対策第4課、3課の課長とそれぞれの課の理事官らは、高山氏が襲撃されたのではないかと思いかけたという。2015年に分裂した山口組の対立抗争が激化している最中であったからだ。

 

山口組の本部や主要組織、また同組の中核組織である弘道会を管轄する兵庫県警、大阪府警、愛知県警など、同じく現場にいた捜査幹部らも同様の反応を示した。

だが、襲撃ではなかった。組内のゴタゴタであったようだ。ボディガードに一喝されたのは、弘道会の若頭を務めるある組長。高山氏の放免祝い(出所祝い)を取り仕切るために出迎えに来ていたと見られる人物だった。

「何か粗相があったようだな」

「放免祝いの段取りで何かあったのかもしれないな」

捜査幹部らは、そんな観測を口にしたものの、どうにも腑に落ちない様子だった──。

その後ほどなく、高山氏は山口組幹部らに囲まれながら、1両貸切にした東海道新幹線のグリーン車に乗車した。向かった先は名古屋だった。