漫画家・かわぐちかいじ衝撃告白「長期休載の理由は、がんでした」

本日発売の「モーニング」で連載復帰
かわぐち かいじ

読者を不安にさせないために

── すでにがんは進行していたんですか?

「具体的にステージがどうこう、と言われた記憶はないんですけれど、医師からはすぐに治療するかどうか決断を迫られました。

一度、もっと詳しく病状や治療について知りたいと思って、知り合いに聞いたり、担当編集者に病気に詳しい人に聞いてもらったりして、順天堂大学病院に食道外科のいい先生がいると教わりました。それで、診てもらったんです。

結果、見立ては変わらず。食道と喉、そして胃の上部にがんがあるという診断でした。あらためて手術するかどうかという話になったのですが、食道がんを手術するとなると、食道を全摘する大掛かりな施術を受けないといけません。

簡単に言うと、食道を全摘したぶん、胃の上部をひっぱって、喉と引っ付ける手術が必要とのことでした。もちろん、体への負担も大きい。正直、そう聞くと不安でした。それで、手術の他の選択肢として、化学療法、放射線治療と抗がん剤での治療も提案されたので、結果的にそちらを選択しようと決めたんです」

 

── そうして休載を決められたんですね。

「ええ。連載2本を続けることは無理だろうとすぐに決断しました。最初にがんだとわかったとき、真っ先にモーニングとビッグコミックの担当編集者に伝えたんです。取り急ぎ、『休むことになる』と。びっくりはしていましたけど、すぐに納得して、休載を受け入れてもらえました。

とはいえ、もし手術をすれば復帰まで時間もかかるし、仕事ができるレベルにいつ戻れるかわからない。化学療法や放射線治療を受けたとしても、予後がどうなるか……。いつまで休むことになるのかはわかりませんでした。なので、読者に余計な不安を与えないためにも、病名は伝えず、休載の期間も定めず、細かいことは書かずに『体調不良で休載』と雑誌で発表してもらいました」

── それにしても、かわぐち先生のがんについて、まったく噂にもなっていなかったので、今回のお話は驚きです。

「知っていたのは、家族とスタッフを除けば、モーニングとビッグコミックそれぞれの担当編集者、編集長、そして編集者が相談してくれた医療漫画の編集者……。それと『サガラ』の原作者である真刈信二さん。本当にごくわずかでした。噂は広まると止められないですから。そこは秘密を守ろうと」