Photo by iStock
# 説明

話が長い人にお勧め!誰でも「簡潔な説明」ができる15秒トレーニング

テレビCMにヒントあり
ビジネスから日常会話まで、あらゆるコミュニケーションの場面で求められる「説明力」。話が長い、何を言いたいのかわからない……そのように思われないためには、どうすればよいのだろうか? 教育学者で、著書『頭のよさとは「説明力」だ』がある齋藤孝氏が勧めるのは、「15秒で説明する」トレーニングだ。大学の授業でも徹底的に繰り返すというこのトレーニングについて、本人が教えてくれた。

「説明の長い人」になるな

みなさんは説明に最適な時間は、どれくらいだと思いますか。さすがに一五秒、三〇秒ではすべて言い切れないということもありますが、だからといって三分も五分も長々と話す必要はないと私は考えます。

Photo by iStock

ずばり、説明にかかる時間は最長で一分間だと私は考えます。最短ではなく、最長で一分ということです。一分間あれば、たいていのことは説明ができるのです。

一分を目安に説明を組み立てることで、手短でポイントをとらえた上手な説明が可能になると私は考えます。

私の講義では一分間で一冊の本の内容を発表することを学生たちに課していますが、この一分間という設定も同様の意図によるものです。

以前私は、朝の時間帯、月曜から金曜まで生放送の『あさチャン!』(TBS)という二時間半ほどの情報番組のMCをやったことがありました。

 

MCの役割としては、CMに入る前の三秒や一〇秒という単位で、「〇〇について説明してください」と指示されれば、それにうまく答えなくてはなりません。この経験は、私の説明力を随分鍛えたと思います。

「あと一五秒でこれについて、もうワンポイントお願いします」と指示されると、一五秒もあると、かなり説明できるな、という感覚になりました。

私の教え子で、アナウンサーの安住紳一郎さんがいますが、彼とも共演したことが何度もありますが、彼はそういった瞬時の適応力が天才的です。あと残り五秒というところで、それまでの文脈を生かしながら、一ネタ入れ込んで、面白いことをぽんとふって爆笑でCMに入っていく。これぞプロの技だと思います。

私たちも発言時間を厳格に意識する訓練をすることで、必ず上手な説明ができるようになってきます。