撮影/佐藤圭
# 癒し # 動物

頬ぶくろはパンパン! 冬眠にそなえて爆食いラストスパート中です!

北海道から毎日お届け中!

こんなほっぺたになるまで、どんだけ集めたの!?

冬眠間近のエゾシマリスは、貯食に大忙しです。

シラタマノキの白い実をパカッと開き、中の種子を一所懸命集めていました。

 

先日、紹介したエゾナキウサギの貯食場には、シラタマノキの葉が山のように積まれていましたが、シマリスはその種子を好んで食べます。

シラタマノキの実には、サルチル酸メチル(通称サロメチール)が含まれているのですが、シマリスは目に沁みないんでしょうか。たぶん大丈夫なんでしょう。気にする様子もなく、次々と実から種子を採って頬張っています。

ほっぺたは、もうはち切れんばかりです
 

シラタマノキの実は大きいのに、種子はとても小さいんです。

頬ぶくろがこれだけ大きくなるには、どれほど集めたのだろうと感心してしまいます。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!