〔PHOTO〕iStock

「迷惑な外国人」を攻撃…日本人の「観光客ぎらい」はなぜ進むのか

「観光される」国の本音

いまやテレビや雑誌で一つの人気ジャンルとなりつつある、外国人観光客の「マナー違反問題」。こうした状況に見られるように、日本社会には「観光客ぎらい」とでも呼ぶべき空気が蔓延しているが、なぜそうなってしまったのか。『パンクする京都 オーバーツーリズムと戦う観光都市』を上梓した社会学者の中井治郎氏が解説する。

〔PHOTO〕iStock

「観光される国」になった日本

外国人観光客の「爆買い」が流行語に選ばれた2015年。45年ぶりに訪日外国人旅行者数(インバウンド)が出国日本人旅行者数を上回った。つまり、この時わが国は「観光する国」から「観光される国」へと逆転したのである。

そして、いまや観光立国・日本を象徴する世界的な観光都市となった京都市の調査では、外国人観光客の一人当たりの消費額は日本人観光客の2倍以上にもなるという。外国人観光客はとても効率の良い「上客」というわけである。

未曽有のインバウンド需要が見込まれる2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控えて、開催地である首都圏はもちろん低迷する地方経済の救世主としても、日本中が彼らの購買力に並々ならぬ期待を寄せているのはご存じの通りだ。

しかし、われわれは本当に彼らを歓迎しているのだろうか?

 

「迷惑な外国人観光客」は鉄板ネタ?

近年は外国人観光客の起こすトラブルに関する、いわゆる「迷惑な外国人観光客」の話題がメディアで取り上げられることが増えた。なかでも頻繁にメディアでとりあげられるようになったのが、トイレの使い方、ゴミのポイ捨て、歩きタバコ、飲食店や寺社でのふるまいなど種々のマナーに関するトラブルの話題である。

しかし実際に聞き取りを行っていると宿泊業や飲食業、また行政の現場などからは、「ここ数年でアジア系や中国系も含めて外国人観光客のマナーはかなり改善されています」というような声も多く聞かれる。

ただ同時に「でも、‟マナーは改善されていますよ“という話はなかなかテレビでは流してもらえないんですよね」とため息をつく関係者も多い。