11人に1人が罹患する

小林麻央さんや矢方美紀さんという若い世代が乳がんにかかったニュースが流れて以来、「乳がん検診を私も受けたほうがいいの?」「乳がん検診を受けてないから不安…」と悩む20代、30代の女性が数多くいらっしゃいます。今年9月には、上皇后美智子様が乳がんの手術を受けられ、早期発見だったことも報じられました。

日本女性に最も多いがんは、乳がん。11人に1人が乳がんになると言われ、罹患率、死亡率ともに年々増加しています※1。早期発見、早期治療が重要なことは言うまでもありません。

※1 国立がん研究センターがん情報サービス

photo by iStock

受ければいい、では思わぬ事態に

ただ、がん検診は“受ければいいってものではない”ことをご存じでしょうか? 正しい検診を選んで受けないと、思わぬ事態を招くことだってあるのです。

乳がん検診は、40歳から2年に1回のマンモグラフィ検査です。これがエビデンス(科学的根拠)のあるがん検診で、不利益より利益が上回る検診です。たとえば、乳がん検診を40歳未満の20代、30代の若い年齢で受けたり、2年に1回よりも短い間隔で受けると、不利益が上回ってしまうのです。

がん検診は、何歳から、どのくらい(何年に1回)の頻度で、どの検査を受けたらいいか、科学的根拠のもとに定められています。実はこれらの年齢と受診間隔には、検診による利益(がんによる死亡率の減少)があるとともに、検診による不利益が最も小さくなる内容が考慮されているのです。

しかし、企業検診でお金のある健保組合では、「うちの会社は、女性社員全員に20代からマンモグラフィ検診を受けさせている」「うちの健保は乳がん検診は超音波とマンモグラフィを両方受けられる設定にしている」と鼻高々にうたっていることもあります。しかし、がん検診は、やりすぎると不利益を被ることだってあるのです。