Photo by gettyimages

ラグビーW杯、エディー・ジョーンズが「すごい監督」である本当のワケ

勝つために3つのことを必ずやる

世界中から称賛される指導者

ラグビーワールドカップの熱闘が、日本中にラグビーファンを急増させています。鍛 えられた肉体の極限のぶつかり合いと選手たちがチームのために全力を尽くす姿に感 動した人々も多いことでしょう。

多くの強豪チームの中でも最も注目されているのが、優勝目前のイングランドです。 準決勝では大会3連覇を狙っていたニュージーランドを完全に攻略して、世界ランキ ング1位となりました。そのイングランド代表チームを率いるエディー・ジョーンズ HC(ヘッドコーチ)が今、世界中から賞賛を浴びています。

Photo by Getty Images

2015年、イングランドで行われた前ワールドカップでは、日本代表を率いて南アフリ カに歴史的勝利を収めた名将としても知られるエディーさんの快挙は、とどまる所を 知りません。

その大会でイングランドは、開催国にもかかわらずまさかのプール戦敗退、決勝トーナメントに出場できませんでした。凋落したイングランド代表チームを立て直し、4年後の今劇的な復活を遂げて世界1の最強豪に押し上げたエディーさんは、「ラグビー界で最も優秀なヘッドコーチの1人としての地位を確立した」(ニューヨーク・タイムズ掲載)など、世界中のメディアで取り上げられています。

以前、イングランド代表に就任した2016年春に来日したエディーさんと会ったとき に、彼ははっきりと言い切りました。

 

「イングランド代表チームは日本で開催される次のワールドカップで、私の母国オーストラリアも南アフリカもニュージーランドも倒して、優勝を狙います。」

有言実行。まさにこの言葉がほぼ現実となった今改めて、彼が極めて優れた指導者であることと、計り知れない力を持っていることを実感させられました。

当時、エディーさんは続けて、「その自信をわたしに与えてくれたのが、日本代表選手たちでした。彼らは不可能と言われた南アフリカ戦で勝利し、世界中を驚かせてくれたのです。」と、日本の選手たちへの敬意を示してくれました。エディーさんはそれまで世界の強豪に全く太刀打ちできなかった日本代表チームを、一体どうやって強くしたのでしょうか? その軌跡に迫ってみます。