Photo by gettyimages
# ゲーム

「ゲームセンターはオワコン」という大いなる誤解と意外な実態

店舗数は減少している。けれども…

この24年間で7万店以上が閉店

ふと気づけば、地元からゲームセンターが消えていた──。そんな思いを抱いたことはないだろうか。業界団体が毎年発表している『アミューズメント産業界の実態調査』(一般社団法人日本アミューズメント産業協会他)によれば、実際にゲームセンターの数は1993年の時点で8万7294店舗あったのが、2017年には1万3103店舗へと落ち込んでおり(図1)、この24年間で7万4191店舗が閉店したことになる。

【図1】日本のゲームセンター店舗数の推移(『アミューズメント産業業界の実態調査』を基に筆者作成)
拡大画像表示

こうした状況の中で「ゲームセンターはオワコン」という言葉も耳にする。「オワコン」とは、終わったコンテンツの略称で、凋落した商品やサービスを指して用いられるスラング(俗語)だ。

 

最近、私がよく見聞きする印象では、ゲームセンターが凋落した理由として多くの人が挙げるのは、「スマホ(スマートフォン)でゲームができるようになったから」である。スマホは、持ち運び可能でいつでもどこでも気軽に遊ぶことができる。そのため、わざわざゲームセンターに足を運ばなくて済むという大筋で説明される。

実際、スマホゲーム(スマホゲームアプリ等)の市場規模は急激に伸びているため、その理由はそれなりに説得的に聞こえる(図2)。

【図2】国内のゲーム市場規模(『アミューズメント産業業界の実態調査』などを基に筆者作成)
拡大画像表示

しかし、私はこうした説明を見聞きすると既視感を覚えざるを得ない。