初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、茨城県を案内していただいたのは、夫婦アートユニットの檻之汰鷲さん。

古くは日本美術界の指導者・岡倉天心が居を構え、詩人・野口雨情を生んだ町。数々の芸術家を輩出した北茨城市では、アートによるまちおこしを今も進めています。アーティストを魅了するまちの魅力に迫ります。

茨城空港からのアクセス
北茨城市まで約95㎞(北茨城市役所まで)常磐自動車道を経由して約74分

見る場所で佇まいが変わる
磯原海岸沖のシンボル的存在

二ツ島

磯原海岸沖にぽっかりと浮かぶ島。東日本大震災の影響で大きさは2/3程度になり、元々、二つあった島のうち、片方が海に隠れてしまうようになった。磯原二ツ島海水浴場側からは、海水の浸食によってできたトンネルがきれいに見え、まるで水遊びをするゾウの姿にも重ねられる。今も昔も変わらず、地元住人や観光客の心を緩ませてくれる大切な風景。

二ツ島
北茨城市磯原町磯原

豊かな自然こそ、パワースポット
心も身体もリフレッシュできる神社

花園神社

四季折々の風景が楽しめる境内。

1200年以上の歴史を持ち、山王大権現を祀る由緒正しい神社。本殿には、神の使いである神猿が目口耳を片手で隠す「見ざる、言わざる、聞かざる」の彫刻が施され、“魔が去る”という厄除けの意味も。

樹齢推定800年以上の御神木(三本杉)は、茨城県の天然記念物。

GWにはシャクナゲが咲き乱れ、毎年5/5は「例大祭」を開催。紅葉シーズンの期間限定ライトアップ(11/1~30、17:30~21:00予定)には例年多くの観光客が訪れる。

目の前は花園川。山奥へ進む“七ツ滝ハイキングコース”も人気。

花園神社
北茨城市華川町花園567
☎0293-43-9212(社務所)