Photo by iStock

運転中の思考を可視化すれば「交通事故ゼロ社会」が実現する!

自動運転の「機械」よりも「人」に着目
自動車は現代の生活において、欠かせないツールだ。しかし、利便性を享受するためには、交通事故の危険がつきまとう。2018年の交通事故死者数は3532人(警察庁調べ)。年々減少しているものの、まだまだ交通事故ゼロ社会の実現には多くのハードルがある。

そんななか、交通事故ゼロをめざしてユニークなアプローチの研究に取り組む研究者がいる。成蹊大学理工学部システムデザイン学科の竹本雅憲准教授だ。

〈本記事は「F-Lab.」からの転載です。元記事はこちら

「人の視点」から出発した研究

竹本教授の専門は、「ヒューマンファクターズ」。人間の行動特性や行動メカニズムを調べて、モノやシステムのデザイン・設計に役立てるための研究を行っている。

自動車の運転を対象とした「ヒューマンファクターズ」の研究の全体像。知覚・判断・行動のサイクルをデータで可視化し、
運転行動の質を高めるための機械設計を考える。
拡大画像表示

「自動運転車が最近何かと話題ですが、私の研究対象は、こうした機械システム自体ではありません。むしろ興味があるのは、機械ではなく人間のほう。

人間の認知や行動のしくみを詳しく調べて、安全運転をサポートするシステムの開発に役立てるためのデータを取得するのが目的です。ますます高度化する自動運転システムと機械としての自動車を『人間との親和性』という観点でつなぐ役割を担うものと言えるかもしれません」

ドライバーの視線の動きを検知するグラス型のセンサーを装着する
成蹊大学理工学部システムデザイン学科竹本雅憲准教授
拡大画像表示

大事なのは「何を考えているか」

竹本准教授の研究室に足を踏み入れると、巨大モニターが連なるドライビングシミュレーターが出迎えてくれる。こうした実験装置を用いて、さまざまな運転状況をつくり出し、ドライバーの運転行動を数値化していく。

現在行っている実験では、まず自動車教習所の指導員の協力を得て、模範となる運転行動のデータを取得。そのうえで、一般的なドライバー、事故を起こしたドライバーなどの行動データと比較して、そこにどのような差異があるのかを詳しく分析していく。