photo by gettyimages

3人に1人は再発する脳卒中 覚えておきたい「サインはFAST」

発症後1年が危険! 初発予備群も注意

人ごとじゃないぞ、脳卒中

脳卒中という病名はよく聞きますが、これはいくつかの病気の名前をあわせた総称です。ここに含まれる病気は、脳梗塞脳出血くも膜下出血で、それぞれの病名で覚えている方も多いと思います。

いずれも、脳の血管が詰まる、あるいは破れるなどして起こる病気です。脳の血管が損傷される病気であることから、専門的には「脳血管障害」と言われています。

脳卒中=脳梗塞・脳出血・くも膜下出血

患者数:111万5,000人

厚生労働省「平成26年 患者調査の概況:主な疾病の総患者数」より)

血管は、加齢とともに内側が狭くなり、壁がもろくなってきます。そのため、血流が滞りやすくなったり、壁が破れて出血しやすくなったりします。この変化を動脈硬化と言います。動脈硬化は老化にともなって進むため、脳卒中は誰にでも起こりうる危険があると言えますが、動脈硬化を早めてしまうと、起こす確率も格段に高くなります。

脳の血管、詰まりやすくなっている? 切れやすくなっている?

動脈硬化→血管が狭い!
血管壁にアテローム(粥腫)ができると、血流が障害される
アテロームが破れると、血栓ができて血管を塞ぎ、血流が途絶える
【図】アテロームによる塞栓bluebacks
動脈硬化→血管がもろい!
血管の柔軟性がなくなり、壁が厚くなって血流を障害する
壁の厚くなった部分がこぶのようになって血管を塞ぎ、血流が途絶えたり、壁が破れて出血する
【図】動脈硬化bluebacks

こうした動脈硬化を早める要因として、高血圧脂質異常症糖尿病に代表される生活習慣病があり、喫煙、多量飲酒、肥満などの生活習慣がその背景にあります。

残念ながら、動脈硬化が進んだ血管をもとの状態に戻すことはできません。脳卒中を治療しても、動脈硬化は残ります。再発を防ぐには、動脈硬化を今以上に進ませないようにするしかないのです。

時間が勝負の発症時から療養生活までの流れ

脳卒中は時間が勝負です。早急に医療機関で治療を受け、症状が落ち着いたあとも治療や検査をする必要がある病気です。

そのため、脳卒中の対応については、ある地域のなかで医療機関ごとに役割が決まっていて、それぞれの医療機関が病態や病期に応じて治療を分担しています。

急性期:脳卒中発症時の急性期は〈救命〉が最優先です。対応する医療機関は、設備の整った「急性期病院」で、さまざまな専門性をもつ医師たちが協力して治療に当たります。

慢性期(回復期):命の危険を脱した慢性期になると、〈回復〉に向けた治療、リハビリがはじまります。治療は、再発予防が中心となります。リハビリによる回復は、発症から3〜6ヵ月までが目安です。急性期病院でもリハビリのスタッフや設備はありますが、より専門的なリハビリを受けるには、リハビリ専門の病院へ転院が必要です。

慢性期(維持期):日常生活が可能と判断されたら、自宅へ戻って、かかりつけ医の下で療養しながら通常の生活を取り戻す〈維持〉の段階になります。再発予防の治療を続けながら、体の機能を維持するリハビリを行います。

え!? 退院したのだから、もう治ったということじゃないの?

こう思う方もいるかもしれませんが、じつは一度脳卒中を起こした場合、気をつけなければいけないある"危険"が潜んでいるのです。