Photo by iStock
# 旅行 # LCC

LCC就航で大激変、いま四国で「観光客爆増」の意外すぎるワケ

香川、高知が日本トップ2に⁉︎

楽天トラベルが今秋発表した「2019年 秋の国内旅行 都道府県別人気上昇ランキング」で第1位が香川県、第2位が高知県と、四国の2つの県が上位2位を独占した。このランキングは、今年10月から11月の国内旅行の予約人泊数(予約人数×泊数)の伸び率が高い都道府県のランキングで、香川県が45.9 %増、高知県が39.0 %増となった。

これほどまでに四国への宿泊者数がこれまで以上に急増したのはなぜか。その要因について考えてみた。

 

「瀬戸内国際芸術祭」が索引

香川県が飛躍的に伸びた理由の1つが、直島や小豆島など瀬戸内海の現代アート。この現代アートを目当てに、日本人に加えて世界中からわざわざ訪れる場所になったのだ。

直島/Photo by gettyimages

外国人観光客を呼び寄せるきっかけになったのが、3年に1度のペースで開催される「瀬戸内国際芸術祭」だ。瀬戸内海の12の島々と2つの港で開催され、「海の復権」をテーマに掲げ、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指したイベントとして期間中は多くの人が訪れている。

今年(2019年)は開催の年になっており、4回目となる今年は、春・夏・秋それぞれ約1ヵ月間開催され、今年の秋でいえば9月28日~11月4日までの38日間の日程で開催されていた。この期間は世界的アーティストの作品も展示されるなど、日本にいながらも海外にいるかのように錯覚してしまうほどだ。