酔っ払いが黙認されてるワケ

注※この記事は、アルコールに弱い人を非難するものではありません。アルコール以外の要因による体調不良での嘔吐を非難するものではありません。また、やむをえず食事時にはふさわしくない単語が頻出します。ご注意ください。

こんにちは。歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。

すっかり涼しくなって、秋が過ぎればすぐに年末ですね。
年の瀬が近づくにつれて、飲み会の機会が増える季節。
この記事は、そんな飲み会のあとに街を汚すゲロをひとつでも減らすために執筆しています。

僕は普段、愛とか恋とか、とってもラブリーでビューティーでクリーンな短歌を書いてるんですね。でも今回は、キャラ崩壊もいとわず、惜しみなく嘔吐物の話をします。

Photo by iStock

なぜ、街にはこんなにも酔っ払いのゲロが溢れ、なぜこんなにも黙認されているんだろう。

友人に意見を求めてみた。すると彼らはこう口を揃える。

まあ、酔って吐きたくなるのは仕方ないからねぇ(笑)

えっ……?
酔っ払って街で吐くのって、仕方ないの?
そんな感じでみんなお酒飲んでるの?

非難されるのを覚悟で言うと、酔っ払って街で嘔吐する行為って、街で脱糞するのとほぼ同じですよね。
本来はそれくらい、汚くて、迷惑で、恥ずべき行為だから。
「なんで街で吐いたくらいで脱糞と同じにされなきゃいけないの!?」と思ったみなさん、ぜひこの記事を最後まで読んでくださいね。