Photo by gettyimages
# トヨタ # EV # 自動車

東京モーターショーはこのクルマを見逃すな【写真21枚】

閉幕まで1週間、5大エリアを徹底解説

10月24日に開幕した「第46回東京モーターショー2019」の一般公開も、今日(本コラムアップの10月29日)を含めて、残り1週間となった。

今回のモーターショーは、主催者の日本自動車工業会(JAMA)が、クルマ中心のショーをモビリティ社会全体の未来を占うショーに進化させ、世界的な潮流になっているモーターショーの縮小傾向に歯止めをかけて、入場者数100万人とリーマン・ショック以前の2007年以来の水準に復活させることを目指したのが特色だ。玄人筋の自動車ジャーナリズムの中には食い足りないという指摘もあるが、われわれの経済社会とくらしが大きく変わろうとする中、その潮流を身近に感じられる今回のショーは見逃せないものになっている。

トヨタ・豊田章男社長/Photo by gettyimages(以下同)

各社のブースをみると、現在JAMAの会長会社であるトヨタの豊田章男社長はJAMAの戦略に呼応、今年、来年市場に投入する新車の展示をやめて、「つながる車、自動運転、シェアリング、電動化」の英単語の頭文字をとったCASEと呼ばれるクルマ社会の近未来を描き出すショーに模様替えしてみせた。

一方で、ホンダや日産自動車、メルセデス・ベンツはEV(電気自動車)やハイブリッド車の新車を続々と投入、地球温暖化対策・CO2の排出削減ニーズの高まりに着実に応えて市場を囲い込む姿勢を鮮明にしている。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの事前準備の都合で、今回の東京モーターショーは展示場を大別して5ヵ所に分散せざるを得ず、これらを入場料無料の「OPEN ROAD」で繋ぐ工夫をした結果、会場が広大となったのがもう一つの特色だ。この会場を、残された開催期間の中で網羅するのは至難の業である。そこで、今回は、これだけは見逃せないという展示とクルマを、筆者のプレスデー2日間の取材をもとにリポートをしてみたい。