〔PHOTO〕iStock

博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白「反社と一括するのは危険だ」

半グレですけど、一言言わせてください

半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白』とは、2019年10月16日に、宝島社から上梓されたノンフィクション本の題名である。この本の主人公は野口和樹と言い、筆者と月に1、2回は書簡のやりとりをする関係である。

博多7億円金塊強奪事件――。すべては、一本の電話から始まった。

「実は僕の知り合いに、あることをして欲しいと頼まれているんです……どうも、金塊を盗まれたという形式的な状況を作りたいらしくて……税金対策とか言っているんですよ」

あんまり詳しく書くと、野口氏に申し訳ないので詳細は割愛するが、事件の概要につき、2017年5月22日の産経記事の一部を参照する。

〔PHOTO〕iStock

博多金塊事件とは何だったのか

2016年7月8日の午前9時前頃、福岡市博多区のJR博多駅近くで、警察官を装った男らに大量の金塊(百数十キロ)が盗まれた。この事件の容疑者として、翌年5月22日、福岡県警は窃盗などの疑いで26~69歳の男6人を逮捕した。

約6億円相当とみられていた被害額が約7億5千万円相当だったことも判明。県警は、計十数人を逮捕する方針で、残りの人物も身柄を確保し次第、逮捕する。

 

愛知県内に住む男らが実行役とみられる。千葉県や東京都を拠点とし、事件直後に金塊の一部の換金に関与したとみられる6人は、盗品等処分あっせんの疑いで逮捕する。

6人は実行役とみられ、偽の警察官の制服を着用した上で、金塊を複数のキャリーケースに分けて運搬中だった男性らに「それは何だ。密輸の金だろう」「持って行って調べるから」と話し掛け、キャリーケース5つを車に積み込み、逃げた疑いが持たれている。

「愛知県内に住む男ら」こと主犯格の男性が、半グレでパリピ(パーティ・ピープル)と言われる野口和樹氏である。その野口氏から(現在は身柄を福岡拘置所で拘置されている)、筆者自身の著作の関係で、様々な情報を提供してもらっていたところ、「ここだけは私の実名で書いてもらいたい」という、数枚の便箋があった。

野口氏の本も世に出たわけだから、筆者は、このタイミングで、彼なりの主張を、読者の皆様に伝えるいい機会であると考えた。以下は、彼の手記であるが、読みやすさという観点から、若干であるが、筆者が筆を入れていることをお断りする。