Photo by iStock

森ゆうこ議員「質問漏洩」騒動、野党調査チームのお粗末すぎる勘違い

まだムダな議論を続けるつもりか

直接聞けば、答えると言っているのに

先週の本コラム「森ゆうこ議員「質問漏洩」騒動で、非難された私が直接お答えしよう」で、同騒動に関する事実関係をすべて公開した。

まともな人がこの記事を読めば、森議員は筆者に謝罪すべきと考えるのが普通だ。しかし同議員は謝罪どころか逆ギレし、同議員が所属する国民民主党以外の野党までとんでもないことを言い出している。

まともでない国会議員の「正体」を明らかにできる機会なので、今週もこの騒動について書こう。

 

国民民主党と立憲民主党は、10月18日に「質問通告漏洩問題調査チーム」を立ち上げた。産経新聞がその様子を報じている

同紙は先週の本コラムで筆者も書いたように、「漏洩した」とされる資料が一般的には事前公開されることも珍しくないものであり、野党のから騒ぎは針小棒大であると指摘している。一方で、筆者にとって看過できない事実も触れられている。

〈チームの1人は、高橋氏へのヒアリングのため、同氏の携帯番号を役所側に教えたと明かしていた。チームは高橋氏に通告内容が「漏洩」されたと疑っているが、自分たちで電話して聞いたらどうか〉

筆者の携帯電話の番号を知っていると思われる人物が、野党の調査チーム内に複数いるのはたしかだ。筆者は「直接聞いてくれば答える」とツイッターで公言しているので、彼らも筆者に電話してくれば、話は簡単に終わる。しかし、そのような連絡はまだない。彼らは事実関係の究明をしたいのではなく、役人を怒鳴りたいだけなのか。

しかも、調査チームが筆者の個人情報を役所に漏らしたとなれば、それこそ問題だろう。同チームの国会議員から、筆者の携帯番号を内閣府に伝えてもいいかという連絡は一切なかった。