〔PHOTO〕iStock

なぜ5歳女児は死んだのか?目黒事件「マスコミが報じなかった真相」

目黒女児虐待死事件の「真相」(1)

「ままもう パパとママにいわれなくても しっかりと じぶんからきょうよりかもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします もうおなじことはしません ゆるして」

2018年3月、東京都目黒区で、船戸結愛ちゃん(当時5歳)の虐待死事件が起きた。

親が毎日午前4時に起こして勉強を強いたり、感情にまかせて顔面を殴ったり、冷水を浴びせかけたりするといった凄惨な虐待の末に、栄養失調がもとで敗血症を起こすなどして死亡したのである。そんな結愛ちゃんが残したのが冒頭のメモだった。

 

2019年9月から10月にかけて行われた公判では、父親の雄大が、妻の優里にDVを行って精神的に支配し、実子が生まれた後に妻の連れ子だった結愛ちゃんを虐待したとされた。

だが、これはあくまで公判において示された図式であり、実際に一家の傍にいた友人ら関係者によれば、実像は大きく異なるという。本連載では、3回にわたって報道や裁判では明らかにされてこなかった真相をつたえたい。

〔PHOTO〕iStock

雄大が受けた壮絶な虐待

船戸雄大は、1985年2月に岡山県で長男として生まれた。妹とは8歳離れていたこともあって、一人っ子のように育てられた。

小学2年の夏、父親の仕事で一家は千葉県へ引っ越し、小学5年の夏には北海道へ移り住んだ。この体験によって雄大は人にどう見られているかを気にする性格になったと言われているが、裁判で触れられなかった重要な事実がある。この時期、父親から激しい暴力を受けていたのである。

大学時代の友人は語る。

「雄大は父親から無茶苦茶な暴力を受けていたって言ってました。何かで一緒に風呂に入っていた時だったと思うんだけど、雄大が自分の頭を指さして『俺は頭蓋骨が変形するくらい親父に殴られて育ったんだ』って明かしたんです。虐待というより、しつけとして暴力をふるわれていたっていう感じでしたね」

これが事実であれば、雄大は親から壮絶な虐待を受けて育ったことになる。