2019.11.02
# エンタメ # 本

江國香織が驚愕! 片岡義男の「言葉をあやつる」凄いテクニック

小説の書き方「超入門」前編
片岡義男×江國香織×佐々木敦

作家志望必須の一冊!?

江國:帯文にも書きましたが、作中にきび団子が出てくるじゃないですか。ちょっとだけで、本筋にはほぼなんの関係もない。でもそのきび団子も破壊力抜群なんですよね。あと、会ったばかりの女性が、助手席に乗せてもらっている立場で、「ちょっと石鹼を買いたい」って寄り道させるシーン。

片岡:東急ハンズです。あれは町田です。

江國:登場人物あるいは作者のひらめきというか、跳躍力がものすごい。きび団子には打ちのめされました。あれは考えて出て来るものじゃないですよね。

 

片岡:その女性は、これから一軒の家に住むことになるわけなんですね。その時に必要なものがある。石鹼が一番くせがなくていいかなと。水と石鹼成分だけの石鹼。

江國:それがぜんぶ正解なんですよ。あそこはきび団子しかない、温泉まんじゅうではだめだし、石鹼もシャンプーではだめ。

片岡:それは多少意識してるかも知れないですね。正しいもので揃えようという意識はあるかも知れないな。正しくないものが突然あったら、そこで論理が乱れるわけですよね。ストーリーごとに論理がありますから。その論理に沿って登場する人物たちは動いたり会話したりしてるわけだから、その論理に逆らうようなものが登場したらいけない。

佐々木:言葉を1個間違えただけで違う感じになっていっちゃう。

片岡:ほとんどの読者は気が付かないかもしれないけれど、書き手である僕は気が付いてるわけです。間違わないようにいきたいなと思っています。間違っているケースもたくさんあると思うんですけれど、幸い誰も気が付いていない(笑)。

石鹼は正解です。きび団子も正解です。きび団子は男性が言うんですよ、セリフとして。きび団子そのものが出てくるわけじゃなくて。男性の性格の表現なんですよ。あそこで「きび団子」という言葉が出てくる男性の性格。

佐々木:その人の描写にもなってるんですね。その人がどういう人なのか、どういう言葉を使うのかっていう。

江國:それに対する女性の反応によって、女性がどういう人であるかもわかる。

佐々木:言葉が玉突きみたいになって、1つ使われるとそれに反応していって、また反応していって……と進んで行く。2ミリずれていたら違う軌道になるかもしれないけど、うまくいったときにきれいに入る。片岡さんの小説を読んでいると、いつもこれしかないよねという心地よさがありますね。

江國:ほんとですね。『窓の外を見てください』は主人公が作家で、短編小説を書こうとしているがゆえに、いろいろ書き上がるまでの過程をつまびらかにしているでしょう。小説家志望の若い人が読んだら、「なるほど、自分でも書ける」と思っちゃうかもしれない。

佐々木:僕も、小説の書き方を学ぶためには絶好のテキストだなと思いました。

江國:ただ、もちろん書けるわけはなく、そのこともちゃんと「笑ってはいるけれど」で書いてらっしゃるんですよね。「笑ってはいるけれど大変ね」って。でも、書きたい人が教科書のような意味も込めてこの小説を読んだとしたら、素質は底上げされると思います。ちゃんと読めば、ちょっとよくなる。

関連記事