Photo by iStock

40代から発症!「隠れ脳梗塞」の恐怖 自覚症状ゼロでもご用心!

特に高血圧なら、こんな対策をしよう
現代人を蝕む恐ろしい病気、脳梗塞。
「自分はまだ倒れていないから大丈夫だ」と思っているそこのあなた! 症状が表れない「隠れ脳梗塞」になっているかもしれませんよ……!

オリジナルサイトはこちら

高齢者だけじゃない! 気づかない間に脳梗塞?

超高齢社会のいま、よく話題になる病気のひとつに脳梗塞があります。

脳梗塞は、脳卒中や脳血管性認知症の原因にもなるため、高齢者にとって避けたいものです。脳梗塞の症状としては、左右の半身マヒや言語障害などが知られています。これに加えて、近年、こうした症状が見られないのに脳では梗塞が起きている「無症候性脳梗塞」の事例が多く報告されるようになっています。

無症候性脳梗塞は「隠れ脳梗塞」とも呼ばれ、その名称通り、脳梗塞特有の症状があらわれないのが大きな特徴ですが、もうひとつ注目するべき点があります。

症状がなくても、脳梗塞かも Photo by gettyimages
拡大画像表示

それは、高齢者だけではなく、若い世代にも発症例が見られることです。ある報告によると、脳ドック受診者を年代別に調べたところ、70歳代の約3割、60歳代の約2割、50歳代の約1割の人に無症候性脳梗塞がありました。40歳代で発症する人もいます。

「症状がない」とされる無症候性脳梗塞も、将来は本格的な脳梗塞や脳卒中につながる可能性があります。また、上のデータを見ると、脳梗塞は高齢者だけの病気ではないといえます。

つまり、若い世代でも脳梗塞への注意や予防が必要だということです。無症候性脳梗塞とはどのようなものか、どう注意し予防していけばいいか、お話しします。

そもそも脳梗塞って、どんな病気?

ここで、そもそも脳梗塞とはどのような病気か確認しておきましょう。

 

脳梗塞は、脳の血管が詰まってじゅうぶんな血液を送れなくなることによって、必要な酸素や栄養が届かないために、脳の組織が部分的に壊死してしまう病気です。脳の血管の詰まりの原因によって、脳梗塞は二つのタイプに分けられます。

動脈硬化により脳の血管が細くなって詰まってしまう「脳血栓症」と、心臓内でできた血栓が血管を流れるうちに詰まる「脳塞栓症」です。このうち、脳血栓症の原因となり得る動脈硬化は加齢により進むものですが、高血圧や糖尿病、脂血異常症があると進行しやすいといわれています。

脳梗塞では、壊死が発生する部分や程度によって、出現する症状が異なります。

代表的な症状には、突然手足の力が抜ける、片方の手足がしびれる、言葉が理解できない・出てこなくなる、めまい、ものがブレて見える、などがあります。

Photo by gettyimages
拡大画像表示

このような症状が一つだけ表れる場合もあれば、複数の症状が重なる場合もあります。また一過性の場合もあるので、注意が必要です。

脳梗塞は死にいたる可能性のある病気ですが、効果的な治療を受けるには何よりも早期発見・早期治療が欠かせません。疑わしい症状があらわれたときには、ただちに救急車で脳梗塞の専門病院を受診することが大切です。

検査で見つけよう「無症候性脳梗塞」

では、無症候性脳梗塞とは、どのようなものでしょうか?