台風15号の際の武蔵小杉駅前の様子(Photo by gettyimages)

武蔵小杉の「高級タワマン」で起きた悲劇…その全貌が見えてきた

あの日、何が起きたか

つい2週間前まで、誰もが憧れる高級タワマンだった。停電、断水、果てはマンション前に悪臭を放つ汚泥が溜まった。なぜこんな事態になったのか。発売中の『週刊現代』では、「人気の街」を襲った悲劇を徹底検証する。

駅前が川のようになった

「台風19号が上陸した10月12日の夜から停電してしまい、すぐにトイレも使えなくなりました。台風が通過した後、毎日朝5時すぎから業者がクレーンなどの重機を使って復旧作業をしています。

各部屋の電気は徐々に使えるようになってきましたが、完全ではなく、共用部の電気は消えたまま。何より個々の部屋のトイレはまだ復旧していないのです」

武蔵小杉のタワーマンション群〔PHOTO〕iStock

そう話すのは、47階建ての高級タワーマンション「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」(以下、パークシティ武蔵小杉)に住む40代の女性だ。住民向けに携帯トイレが配布されたというが、使用している人は少ないようだ。

この女性が続ける。

「トイレが使えないこともあり、住民の中には近くのホテルや知り合いの家に泊まっている人たちも多いようです。

夜になっても明かりが点かない部屋が多いのは、まだ停電している部屋があるのと、そういった理由で不在の部屋があるためです(左頁写真)。タワマンに住んで、まさか台風でこんな事態になるなんて、想像していませんでした」

甚大な被害を及ぼした台風19号の上陸から2週間が経った。各地で大きな爪痕を残したが、中でも注目を浴びたのが川崎市武蔵小杉である。

 

武蔵小杉といえば、「SUUMO 住みたい街ランキング2019」でも、関東9位にランクインするなど、「住みたい街」ランキングの常連として知られている。街の中心にはJR南武線、東急東横線の駅があり、少し離れた場所にはJR横須賀線も走っている。

「グランツリー武蔵小杉」といった大型複合施設なども多く、共働きの高所得夫婦やファミリー層から高い支持を得ている。

そんな人気の街の中心に建っているタワマンが、冒頭のパークシティ武蔵小杉である。高さは約160m、'08年に完成した。

「武蔵小杉の各駅から、ちょうど徒歩2~3分ほどの場所に建っているという最高の立地です。外観や内装も高級感がありますが、その割に周囲の物件と比べて桁外れに高額というわけではないので、人気が高い。

10階~30階あたりの中層階だと、3LDKで約7000万円~9000万円が相場でしょう。
部屋数643戸という大型マンションですが、人気物件で、空きは少ない。『武蔵小杉ナンバーワンタワマン』と呼ぶ人もいます」
(地元不動産業者)

この高級タワマン周辺で異変が起き始めたのは、10月12日の深夜のこと。台風19号による暴風と大雨が猛威を振るうなか、突然街のあちこちから水があふれ出したのだ。

JR南武線、東急東横線の武蔵小杉駅の南側のエリアでは、大人の膝上ほどの高さまで水が流れ込み、一帯は冠水した。

冠水した水が暴風で東へ西へと流される様子は、まるで突然街中に大きな川が現れたようだったという。さらなる本当の悲劇は台風通過後にやってきた。

「台風翌日の13日のお昼頃には、水はずいぶん引きました。しかし、冠水したバスロータリーの辺りには大量の泥が溜まったままでした。周囲には汚泥の匂いが漂っていて、マスクをして歩く人の姿もありました」(川崎市市民自治財団事務局長の田澤彰氏)