人が生き生きと暮らしている街には必ず、地元の人々が集ういい店がある。土地に根を張りつつ、新しい感覚で秋田を盛り上げているスポットを紹介します。

“屋根のある公園”のような
開かれたクリエイティブな場
複合施設「ヤマキウ南倉庫」

倉庫のプロデュースは、亀の町エリアの盛り上げ役である空間デザイン会社の〈See Visions〉が担当。

秋田市内で今、最もホットなエリアである南通の亀の町に、2019年6月にオープンした複合施設。秋田で味噌や醤油を製造する老舗メーカー〈ヤマキウ〉が所有する築43年の倉庫をリノベーションした巨大空間で、10のショップと6つのオフィス、コワーキングスペースが入っている。

図書コーナーは〈まど枠〉の伊藤さんによる選書。

フロアの中央には誰もが自由に使えるパブリックスペースがあり、小さな図書館「ライブラリ・アー」を常設。本を読んだり、施設内のグロッサリーで買ったお弁当を食べたり、ただ友人とお喋りをしたり、思い思いに過ごすことができる。

倉庫内に小さな商店街があるような空間構成。

ショップを巡って買い物を楽しむもよし、散策の合間に休憩場として使うもよし。地元の人も、旅行で秋田を訪れた人も、垣根なく時間を過ごすことのできる開かれた空間だ。

ロゴデザインなども〈See Visions〉が手がけた。

ヤマキウ南倉庫
秋田県秋田市南通亀の町4-15
☎018-836-3331
営業時間:9:00~19:00
定休日:なし

こんな店が集まっています!

作り手の静かな熱を感じる、
雑貨とクラフト
「まど枠」

〈TATAMIZE〉などの洋服、〈MOONSTAR〉のシューズなども取り扱う。

秋田市大町にあった川反中央ビルから移転してきた、雑貨と工芸品、そして洋服も扱うセレクトショップ。オープン当初から扱っている秋田出身の陶芸家・田村一の器や、秋田を拠点に活動するガラス作家・境田亜希の作品などが整然と並ぶ。

淡い色合いと繊細なフォルムが人気の田村一の器。

集められたモノにどこか同じ空気が漂っているのは、オーナーである伊藤幹子さんの審美眼にしっかりと軸があるから。女性らしい可憐さと、作り手のこだわりを感じる凛とした佇まい。2つが同居したアイテムが見つかる店だ。

微妙な色のグラデーションが美しい、境田亜希のグラス各¥5000。モールド型を使用した吹きガラスが彼女の得意とする技法。

まど枠
☎018-827-5760
営業時間:11:00~18:00
定休日:月・火