Photo by iStock

すぐ「手術しましょう」と言う日本の医者は「世界標準」に遅れている

病院はこんなに怖いところ

「ニッポンの常識は、世界から見れば非常識」。医療の世界も例外ではない。その薬、検査、手術、本当に必要ですか?

外科医が威張っている

医者たちは皆切りたがる。食道を切って胃を持ち上げて繋げたがる。
失敗もする。
その場合、患者は死んでしまう。
それでも切りたがる。
この、今では世界の常識からはるかに遅れた事態こそ私は日本医学界に蔓延るある種の病気だと思う。

2012年に食道がんを患い、「切る手術」ではなく陽子線治療を選んだ作家のなかにし礼氏は、著書『闘う力 再発がんに克つ』のなかで、医師にがんの治療について相談しても「切るべきだ」としか言われなかったことへの不満をこう綴っている。

 

なかにし氏の言うとおり、日本ではがんが発見されると、「手術が必要です」と、まず切ることを提案する医師が多い。「がんは切るもの」という選択が日本の医療界では主流なのだ。

翻ってドイツやイギリス、アメリカなどの欧米諸国では、医師はがん患者に対して「切る」以外の治療も積極的に行う。医療法人社団「進興会」の森山紀之理事長が説明する。

「食道がんや前立腺がん、乳がん、甲状腺がんに対しては、欧米ではコストやリスクを考慮したうえで、放射線による治療を行うことが一般的です。

たとえば前立腺がんの場合、放射線治療も外科手術も、成功率はほぼ同じということがわかっています。にもかかわらず、日本では放射線治療のほうが適していると思われるがんの場合でも、根こそぎ手術で取り除こうとする医師が少なくありません。

Photo by iStock

確かに、日本の外科手術のレベルは世界でもトップクラスですから、外科手術そのものが失敗する可能性は低い。ただし、体の一部を切り取るわけですから、術後の生活への影響があります。

たとえば前立腺の摘出手術をした場合、患者の約半数が尿漏れを起こします。成功率も安全性もほぼ変わらないのであれば、その後の日常生活への影響が少ない治療を選ぶほうがよい、という考えが欧米では主流です」

食道がんの治療においても同様だと、森山氏は続ける。

「食道がんの手術は体への負担が大きく、術後に肺炎を起こして亡くなる人も少なくないので、欧米では6割の患者には放射線治療が施されます。一方、日本の場合は3割以下に留まっています」