猫屋敷の主が直面した「3万5000頭殺処分」のヤバすぎる現実

「愛情」ではなく「物流」で猫を救おう

行き場を失った猫たちが…

東京・大塚から歩いて数分の路地裏にあるビル。ここに100頭を超える猫が保護されている? そう言われてもなかなかピンとこない。

ビルの最上階には、保護猫カフェでもある開放型シェルターがある。猫用のケージが並び、ソファや床では、たくさんの猫たちが自由に遊び回っていた。白黒、ブチ、三毛に黒…。歩き進むこちらの足にじゃれてくる。

東京・大塚駅から数分の路地にあるビル。ここに100頭もの猫が!?
 

NPO法人東京キャットガーディアンは、日本初の保護猫カフェの運営を通じて、行政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引き取り、飼育希望の人に譲渡する活動を行なっている。

つまり、「行き場を失った猫」と「猫と一緒に暮らしたいヒト」を結ぶ仲介の場を提供しているのだ。

ある休日の午後、保護カフェで里親希望者の個別面談が行われていた。里親希望者は、事前にキャットガーディアンのHPで里親の条件などを読んで、同意の上で申し込んだ人たちだ。原則的には、家族全員で来てもらうようにしているという。

スタッフが、里親希望者の家族に質問をしていく。

東京キャットガーディアン代表の山本葉子さん

「この面談で里親には不適切と判断されることも少なくないんです」

そう語るのは、東京キャットガーディアン代表の山本葉子さんだ。

「基本中の基本が、終生飼育してくれること、そして完全室内飼育です。この2つのどちらかを外したら完全にアウト。よくいらっしゃるのが、以前飼っていた猫は室内外で飼っていたので、と言われる方。『猫は外に自由に出られなきゃおかしい』と喧嘩腰の年配の方もいます。その場合も、丁重にお断りします。ここから知らない場所に行く猫にとって、“外”に出されることは捨てられたのと同じなんです」