Photo by pro.foto

「膜」が世界を救う! 植物の真似をして地球温暖化を逆転させる方法

CO2回収技術変革への道
好評シリーズ「WPI世界トップレベル研究拠点」潜入記第4回!

WPI(世界トップレベル研究拠点プログラム)は、異なる研究分野間、言語と文化の垣根を超えて世界の英知が結集する、世界に開かれた国際研究拠点を日本につくることを目指して2007年、文部科学省が策定した研究拠点形成事業で、2019年現在、全国に13研究拠点が発足しています。

このたび潜入したのは九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(以下、WPI-I²CNER。アイスナーと読みます)。CO2分離・転換研究部門の部門長・藤川茂紀教授に、驚くべき「膜」の話を聞きました!

少しでも大災害を減らしていくために

人間は目の前のリスクや身のまわりの問題には真剣に取り組もうとするが、ちょっと遠いリスク、規模の大きな問題はつい先送りにしがちになる。「温室効果ガスの削減」なんてまさにそんな「大きな問題」のひとつだ。

地球温暖化に少なからず影響を与えていると言われる「温室効果ガス」を足並み揃えて減らしていきましょうと世界各国が合意した国際的枠組み「パリ協定」が採択されたのが2015年。人為的に排出されている温室効果ガスの中では、二酸化炭素(以下、CO2の影響が筆頭に挙げられる。

しかし、このCO2がいっこうに減らない。

国連環境計画(UNEP:United Nations Environment Programme)の排出ギャップ報告書2018年版(The Emissions Gap Report 2018)によれば、世界のCO2総排出量は減らないどころか、2017年時点で4年ぶりに増加してしまった。

もちろん、多くの人々が「このままではまずいよな」と思っている。持続可能な地球環境のためには大事なことだと考えている。だからこそ国連気候行動サミット(UN Climate Action Summit 2019)でも、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんが大人たちに対して怒りの言葉を発していた。何か、CO2を減らす画期的なやり方はないものか……。

などと思っていたところ、九州大学のWPI拠点、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(WPI-I2CNER:アイスナー)に革新的なCO2回収方法を生み出しつつある研究者がいることを知った。われわれ潜入チームは一条の光を求めて、さっそく福岡へと飛んだ。

カーボンニュートラルな世界を目指して

「こんにちは。はるばる遠いところまで、ご苦労さまです!」

藤川茂紀(ふじかわ・しげのり)准教授
拡大画像表示

この方が革新的なCO2回収方法を生み出しつつある藤川茂紀准教授(CO2分離・転換研究部門長。WPI-I2CNER主任研究者)である。快活にしてフレンドリーな先端研究者。すごく期待が持てそうだ。

「せっかくいらっしゃったので、まずはクイズです。地球の大気中のCO2全体の質量、重さはどのくらいだと思いますか?」

えっ、クイズ?