# 自己啓発

メンタルの強い人が、なぜか絶対にやらない「意外なこと」があった!

「ほめられて伸びるタイプ」は危ない
エイミー・モーリン プロフィール

だが、男は、あることを忘れていた。毎日ジムからの帰り道に、車の中でおやつを食べていたことを。身体を鍛えたあとは猛烈におなかが空いたから、つい自分にこう言い聞かせていたのだ。 「ハードなトレーニングをした自分へのごほうびさ!」。

というわけで、必ず帰り道にドーナツを1ダース、たいらげていたのだった。

photo:Towfiqu Photography

「まったく、ばかな男だ!」と思うのではないだろうか?

でも私たちの誰もが、こんな行動を取っている。自分をよくしようとさまざまな努力をしながらも、その努力に水をさすことを自ら行い、放ったらかしにしている!

 

良い習慣をつける前に、悪い習慣をなくせ!

良い習慣はたしかに大切だが、私たちが持てる力をフルに発揮できない理由は往々にして悪い習慣にある。世の中のありとあらゆるよい習慣を身につけたところで、悪い習慣を温存していたのでは、目標になかなか到達できないだろう。こう考えてみてはどうだろう? 

あなたの一番悪い習慣が、あなたの価値を決めている、と。

悪い習慣とは、身体に重しを巻きつけて1日中ズルズル引きずっているようなもの。重しはあなたのスピードを鈍らせ、くたくたにし、いらいらさせるだろう。

どんなに才能にあふれ、努力していても、自分の足を引っ張るような思考や行動や感情をそのままにしていたのでは、100パーセントの力を発揮するのに四苦八苦する羽目になる。