「日本型ハロウィン」が軽トラを倒す狂乱イベントになったワケ

今年も若者たちが続々と…
昨年10月28日未明、ハロウィンでにぎわう東京・渋谷のセンター街で軽トラックが横転させられ4名の逮捕者が出たことは記憶に新しい。前年の反省を受けて、渋谷区は今月18日にハロウィンにおける公共の場での飲酒の禁止への協力を発表。すでにドン・キホーテは期間中の酒類全品の販売自粛を決定したほか、コンビニ各社も販売自粛の動きを見せている。

なぜ日本のハロウィンは、酔っぱらいの喧騒や路上のごみ問題など、負のイメージで取り沙汰されるまでに変容を遂げたのか。マーケティング、消費者行動論を専門分野とし、『ジャパニーズハロウィンの謎:若者はなぜ渋谷だけで馬鹿騒ぎするのか?』(星海社新書)を学生と共に執筆した一橋大学の松井剛教授が解説する。
 

クレイジーハロウィン事件

ちょうど1年ほど前の10月28日未明に、東京の渋谷で、軽トラを横転したかどで逮捕者が出た事件を覚えていますか? 「クレージーハロウィン事件」です。

ハロウィンといえば、カボチャをくり抜いたランタンを飾ったり、子どもたちが「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、心温まるイベントのはずですよね。それがなんで「クレージー」になってしまったのでしょうか?

Photo by iStock

ぼくは東京の郊外にある一橋大学で、マーケティングとか消費者行動論といった科目を学部生に教えています。そういった勉強をしているぼくのゼミの学生たちと、日本のハロウィンについて調査、分析をした『ジャパニーズハロウィンの謎:若者はなぜ渋谷だけで馬鹿騒ぎするのか?』という本を、最近、出版しました。

サブタイトルを「渋谷『だけ』で」としたのは、理由があります。去年のハロウィンを巡る報道の多くは、渋谷での狼藉者についてのものでした。多くの人が、「怖い」とか「近づきたくない」と思ったことでしょう。しかし、この本が示したように、日本のハロウィンには、様々な景色があり、渋谷の騒乱は、そのひとつに過ぎないのです。