2019.10.24
# MaaS # JR # 鉄道

JRも自動運転を採用、「運転士が消える日」は来るのか

無人化は実現するか、それとも…
杉山 淳一 プロフィール

無人運転を急いではいけないワケ

新交通システムのリニモやBARTは踏切がない。JR九州は踏切ありだ。JR九州はそれなりの踏切対策を実施するだろう。実績を積めば世界に売り込む技術にもなる。

鉄道各社が無人運転を目ざす理由は主に2つある。ヒューマンエラーの排除による安全性の向上と、人件費の削減だ。人件費削減というと聞こえが悪いようで、最近は少子高齢化による人材不足に対応するという表現も見かける。

Photo by iStock

これはクルマの自動運転にも共通するだろう。クルマの場合はバス、タクシー、トラック、マイカーで比重が変わるけれども、大義としては交通事故の削減で、こちらはマイカー向け。しかし、ドライバー不足はバスやタクシー、トラック運行会社にとって共通の課題だ。

鉄道の場合は、ヒューマンエラーについてはATSやATCで対策が整っている。したがって、鉄道会社が自動運転へ「格上げ」したい理由は人件費の削減や人材不足への対応が主だろう。無人運転になれば、運転士がいなくても列車をどんどん投入して運行できる。

 

新交通システムは車両の定員から中量交通システムとして認識されているけれど、本来はもっとたくさん列車を投入して、運行間隔を短くすれば、普通の鉄道並みの輸送量を実現できる。新交通システムが本来の実力を発揮できていないという意見もある。

鉄道の場合も同様のメリットはあるけれども、新交通システムと違って、長編成の鉄道路線はプラットホームが曲がっているなど見通しの悪い場所も多い。そこまで対応する監視システムやAIの登場を待たなくてはならない。

SPONSORED