Photo by gettyimages
# JR # 鉄道 # MaaS

JRも自動運転を採用、「運転士が消える日」は来るのか

無人化は実現するか、それとも…

ついにJRが動き出す

今週末に東京モーターショーが開催される。煌びやかなコンセプトカーが登場する一方、実用化が進む自動運転技術も注目されることだろう。

一方、鉄道車両の自動運転技術はクルマよりずっと早く開発され、実用化されてきた。「ポートライナー」や「ゆりかもめ」などの新交通システムは完全自動化、無人運転を実施している。いまでは誰もが安心して乗れる公共交通機関だ。ただし、技術過信は禁物という教訓もまた、今年6月1日に発生した新交通システム「横浜シーサイドライン」の逆走事故で示された。

完全自動化、無人運転を実施する神戸「ポートライナー」/Photo by gettyimages

10月8日、鉄道車両の自動運転にとって大きなニュースがあった。JRグループの自動運転採用だ。JR東日本は常磐線各駅停車で2020年度末を目標に自動運転を開始する。JR九州は未発表だが、西日本新聞が「今年度(2019年度)中に実用化の意向」と報じた。JRグループの採用で鉄道車両の自動運転が急速に普及すると思われる。

とくにJR九州の自動運転は「踏切あり」の路線で実用化する。これは、踏切安全に関する確信あっての英断だ。いままで鉄道の自動運転は、新交通システムや地下鉄など、他の交通とは遮断された路線に限られていた。JR東日本は山手線で自動運転の試験走行を実施しているけれど、実用化第一弾は常磐線各駅停車だ。山手線には1ヵ所だけ踏切があり、常磐線各駅停車が走る綾瀬~取手間は踏切がない。

 

踏切がある路線で自動運転時の安全が立証されると、ほとんどの鉄道路線で自動運転の導入に弾みがつく。ただし、先日の京急神奈川新町駅の踏切衝突事故のように、あらゆる安全策が正常に作用して防げなかった事例もある。あの事故も、電車がもっと手前から自動的に非常ブレーキをかければ防げたという考え方もある。自動運転の最大の課題は、車両側の自動化と線路側の安全確保だ。