Photo by iStock

山口組ナンバー2、グリーン車で向かった出所祝いと「七代目就任の噂」

警察も翻弄された

警察も新幹線に同乗

10月18日、山口組ナンバー2の高山清司若頭が東京・府中刑務所から出所した。京都府内の建設業団体の幹部から計4000万円を脅し取ったとする恐喝の罪で、2014年6月から収監されていた。

同日午前6時前、高山氏を乗せた神戸ナンバーの黒のミニバンが刑務所を出発。午前7時前に防弾チョッキを着込んだ大勢の警察官が配置された東京・品川駅に到着すると、山口組幹部らに囲まれながら、1両貸切にした東海道新幹線のグリーン車に乗車した。

いったい、どこに向かったのか。報道陣はもちろん、警察すら最後の最後まで特定できずに翻弄され、追尾を余儀なくされた。

捜査関係者が語る。

「本来であれば、神戸市内の山口組総本部へ向かうところだが、同本部は山口組分裂抗争の激化で使用制限がかかって使えなくなった。今月10日、(2015年に山口組から離脱した)神戸山口組の中核組織・山健組の組員2人が、山口組の司忍六代目組長、高山若頭らの出身母体である弘道会傘下の組員に射殺されたからだ」

行き先を特定できていない警察は新幹線に同乗し、そのあとを追ったという。高山氏が下車したのは名古屋駅。改札を出ると、待機していたワゴン車に乗り込んだ。

「名古屋で降りるのは、実は予測済みだった。が、その先がよくわからなかった。山口組総本部と同じく、愛知県内にある弘道会の本部や傘下の組事務所など5か所は、使用制限がかけられていたためだ」

 

そんななか、浮上したのが名古屋市中村区にある四代目山本組の事務所であった。同組の中野寿城組長が弘道会の若頭であるからだ(編集部注:広域暴力団は、下部組織の組長が上部組織の役職に就くような形でピラミッド型の組織を形成している)。高山氏の放免祝い(出所祝い)が、そこで開かれるとの情報もあった。