外反母趾は加齢で特に女性に急増する

50歳で足形は急変する(前編)

アシックススポーツ工学研究所が著した『究極の歩き方』(講談社現代新書)は、日本人を中心に足形と歩き方を長年研究してきた同研究所が、約100万人の足形データをもとに、いつまでも健康に歩くための秘訣を披露した一冊です。データから見えてきたのは「50歳前後を境に日本人の歩き方、足形が激変している」ということ。特に50歳前後で、足の変形、歩き方の変化を意識するかしないかで、歩行寿命が大きく変わるのです。今回は、特に女性に多いとされる「外反母趾」が50歳を境にどうなるかについて、同書の一部を公開します。

なぜ外反母趾は女性に多いのか

足形の変形というときに、もっとも有名なのは「外反母趾」です。深刻な悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃいます。

足の第1趾(母趾、親指)が「く」の字状に変形してしまう症状です。外反というのは、親指が足の外側へ反っている状態です。

親指のつけ根の関節が突き出すような形になるので、そこが靴に当たってひどく痛みます。靴を履くことが苦痛になるし、歩くのも嫌になる。症状の重い人になると、靴を履いていなくても痛むようになります。

外反母趾は女性に多い症状です。親指が外側へ傾いている角度( 第1趾側角度)で簡易的に曲がり具合いを知ることができます。

第1趾側角度の平均値を男女別、年齢層別に調べたのが、図1のグラフです。男女差を50歳以上で見ると、男性の平均に対し、女性の平均はおよそ倍になっています。

図1の左に示す年代別の比較結果が示すように男性も女性も50歳を超えると、急激に曲がっていくのが鮮明です。特に、女性のほうが50代から60 代の変化が大きくなっています。いずれにしても50歳を境に何かが起こっています。

もちろん、変形度合いが大きくなったからといって、必ず痛みやタコなどの問題が発生するとは限りません。足のトラブルを防ぐポイントは、どこまで曲がるのかにあります。

ただし、すでに曲がりの大きい人ほど、さらに曲がっていく傾向があるので、注意が必要になります。

第1趾側角度が外反9度くらいになると、目で見て「ちょっと曲がっているな」とわかるほどのレベルです。図2の棒グラフを見てください。

9度以上の男性は21パーセントであるのに対して、女性は53パーセントもいます。はるかに女性のほうが多いのです。

外反15度以上になると、特に気をつける必要があります。図2の下のグラフで外反15度以上の人を50歳未満と50歳以上で比べてみましょう。

男性の場合、50歳未満で2パーセントなのに対し、50歳以上では7パーセントと5パーセント増えます。一方、女性は50歳未満で13パーセントなのに対し、50歳以上で29パーセントと16パーセントも増えます。3人に1人が、特に注意が必要な状態だということです。

女性は骨格が華奢で、骨と骨をつなぐ関節が弱い。のちほど詳しく述べますが足のアーチというものが潰れやすいことが、この背景にあると思われます。

外反母趾は、多くの方が悩まれている代表的な足の変形になります。「履く靴がない」とおっしゃるお客様の悩みを解消すべく、さまざまなアドバイスをしてきました。こんなに外反母趾に悩んでいる人が多いのかと驚きました。「女性の半分以上は外反母趾のリスクを抱えているのではないか」と感じていましたが、データでそれは裏付けられました。