『第三夫人と髪飾り』より

13歳女優の官能シーンに批判殺到、上映中止に。女性監督が振り返る

まるで「あいトリ」…問題の本質とは

ベトナムの新鋭、アッシュ・メイフェア監督による映画『第三夫人と髪飾り』(10月11日より公開中)。スパイク・リーが脚本に惚れ込み、トロント国際映画祭やサンセバスチャン国際映画祭など世界中の数々の映画賞を受賞した傑作だ。

 

舞台は19世紀の北ベトナム。富豪のもとに嫁いだ14歳の第三夫人と、彼女を取り巻く女たちの愛、哀しみ、葛藤が、神秘的な秘境の中で叙情的かつ官能的に描かれている。

本作はベトナムで公開されるや否や、主演女優の年齢(撮影当時13歳)や作品のテーマに批判が集中。「官能的」ではあれど、主演女優による直接的なセックスシーンはない。国による正式な上映許可も下りていた。にもかかわらず、主演女優とその家族はSNSで大バッシングを受けることとなった。

5年もの月日をかけてようやく完成した映画だったが、女優と家族を守るため、監督は公開4日後に上映中止にすることを決定した。まるで、「あいちトリエンナーレ」を彷彿とさせるこの騒動。一体、同作の何が問題だったのか――。来日中のメイフェア監督に聞いた。

アッシュ・メイフェア監督

主演女優と家族がSNSでストーキング被害に

――激しいセックスやバイオレンスのシーンもないのに、なぜ本作はベトナムでタブー視されたのでしょうか? 

メイフェア監督:19世紀のベトナム社会における男尊女卑をあらわにし、女性のセクシュアリティや自立を描いたこと。そして、主演女優のグエンが当時13歳だったことが大きな原因だったのでしょう。彼女と母親に対しSNS上で非難が殺到し、彼女たちを守るためにベトナムで公開4日後に上映を取りやめました。

グエンは家の住所がSNSでさらされたり、学校で待ち伏せされて家までついて来られたり、ひどいストーキング被害にあいました。彼女の母親は「お金で子供を売った」と非難されたり……。でも、グエン自身は本当に強い女性で、この映画に主演したことを誇りに思っていて、非難なんて笑い飛ばしてくれて……彼女には本当に感銘を受けました。世界各地の映画祭やメディアで、本作のなかで描かれる女性が感じている抑圧、“女性性”について雄弁に語ってくれたんです。

要は、若い女優が女性差別や官能性を表現したことや、女性である私が映画を監督したことが、ベトナムに存在するセクシズムを刺激し、大論争にまで発展してしまったんだと思います。