Photo by iStock

ビジネスに応用可能な「編集思考」の特性とその落とし穴

佐々木紀彦氏の著書で考える

なぜ編集思考なのか

異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す 編集思考』は、一般には書籍、新聞、雑誌の世界で用いる編集の技法を、編集思考に転換し、広範なビジネスに応用することを目指す意欲的作品だ。著者の佐々木紀彦氏は、現下日本の組織が抱える危機を克服するために編集思考が必要であると強調する。

<なぜ「編集思考」が今の日本に必要なのか。そのわけを理解するには、まず歴史を踏まえながら日本を眺める必要があります。

日本の組織には負けパターンがあります。それは、「縦割り病」です。「横串」がうまい創業リーダーが去るやいなや、「縦割り」の官僚が跋扈し、自滅してしまうのです。

ここでいう「縦割り」とは、一言で言えば組織の官僚化、つまり組織本来の目的を見失い、全体よりも自己の利益を優先してしまうことです。「横串」とは逆に、本来の目的の達成のために、今ある形にとらわれずゼロベースで必要なものをつなげ直すことを指します>

かつて日本企業には活力があった。それが失われてしまった理由を佐々木氏はこう考える。

 
<創業期のリーダーが組織から退くと、「縦割り」型の官僚タイプがのさばり、視野狭窄に陥る。

自分の部署の業績、自分の出世、自分の好き嫌いにのめり込んでしまう。しかも、本人には悪気がないだけに手の施しようがない。こうした無数の「縦割り」の中で、全体を考える人や機能が衰え、「個々はまじめにやっているのに、全体としては支離滅裂」になってしまう。

その後組織が競争に敗れ、焼け野原となった跡に、また新たなリーダーが生まれてくる、その繰り返しです。編集思考はこの「縦割り病」に対する特効薬なのです〉

このような見方は、これまで日本の組織の欠陥を指摘した論者の見解と変わらない。縦割りを崩すのであるから、横のつながりを重視するのが編集思考においては重要である。

佐々木氏は、編集思考における「セレクト(選ぶ)」「コネクト(つなげる)」「プロモート(届ける)」「エンゲージ(深める)」の循環を強調するが、これは松岡正剛氏(編集工学研究所所長)が以前から唱えている技法と大きく異ならない。

むしろ本書の特徴は、編集思考をする人の倫理にある。この点に関しては、松岡氏とはまったく異なる位相に佐々木氏は身を置いている。特に興味深いのが権力の奪取を重視していることだ。