不妊治療は通院以外にも
やるべきことが多い

働く女性、特に責任ある立場の管理職の女性はどうやって不妊治療のスケジュールをこなしているのだろうと思う。特に体外・顕微授精に挑戦する場合は排卵誘発と採卵があるので、決められた日時に来院さえすればよいというものではなく、毎日治療計画通りにホルモン剤の服用や自己注射をする必要が出てくる。

-AD-

特に鬼門だったのは、採卵予定34~36時間前に卵子を成熟に向かわせるために、決められた時間に自己注射しなければならない「トリガー」である。私が通っていたS産婦人科は、採卵は午前中と決まっており、指定された採卵日時の35時間前ちょうどにこのトリガー注射を自分で打つよう指示される。この指定時間に自己注射をし損ねた場合は、採卵時に卵子が未成熟であるリスクが高くなり、病院側から採卵をキャンセルされる可能性もある。忙しい中通院スケジュールをこなしながら、排卵誘発剤を使って卵子を育ててきたにもかかわらず、それらの努力がこの1回のトリガー注射の打ち損ねで全て水の泡になってしまうので、「時間厳守」のプレッシャーがかかる。

Photo by iStock

2日後の朝10時が採卵日と決まり、今夜21時に自己注射を指示されたとして、その時間が顧客との会食や新幹線で移動中の時間帯にあたっている、というようなことは管理職にはザラにある。私も何度かタイミング悪くトリガー注射の指定時間が会社の抜けだせないイベントと重なってしまい、予めポケットに注射針とシリンジを忍ばせておき、途中でこっそりトイレに行って自己注射をした記憶もある。