2019.10.29
# 人生100年時代

60歳を過ぎたら、「勉強」よりも「アウトプット」が脳に良い

知識はこれ以上いらない
和田 秀樹 プロフィール

知識を増やしても意味がない

これからは長い老後生活の資金を得るため働き続けることが必要で、そのためには年齢に関係なく、一生学び続けなければならないと説かれることがよくあります。

Photo by iStock

しかし、歳を取ってからも常に勉強し続けなければならないという主張には、私は脳機能の面からみても賛同しかねます。

確かに、IT技術が目まぐるしく進歩していくなかで、新しい技術をうまく使うための実用的な勉強は非常に大切で、必要なことだと思います。

これまでの定説とは違う新しい考え方などが出てきたときも、そういうものを学ぶことは大切でしょう。

 

たとえば、これまではコレステロール値が高いことが身体にはよくないという常識でしたが、実は、意外にそうではない。むしろ人が長生きするために、とてもいい影響を及ぼしているというふうに言われるようになってきていますが、そういう新常識も積極的に学び、自分のものにするべきでしょう。

しかし、高齢になってから、古典と言われるようなものを読んで、知識を吸収するような勉強をすることは、ほとんど意味がないと私は思います。

これは外山滋比古さんも主張なさっていることですが、60歳を過ぎたら何かを学び、知識を習得していくような勉強はやめたほうがいいと私も思います。

定年をしても、常に知識をリニューアルしなければならないといった強迫観念を持った人がいますが、いくら知識を蓄積していくことを続けても、脳の老化、つまり前頭葉の老化を遅らせることにはほとんど効果がありません。

SPONSORED