# 大学

早慶、上智、明治…史上初の学部別「序列ランキング」を全公開する!

グーグルデータから大調査
西田 浩史 プロフィール

約5億件のビッグデータから算出!

全国130大学について、過去3年にグーグルで検索された言葉の種類と、毎月の平均検索数のデータを利用している。

分析対象のデータは、海外の複数の分析ツールを使ってグーグルから網羅的に取得した約5億件。その中から、全ての大学・学部で共通して検索される言葉、特定の大学・学部でのみ検索される言葉、そしてそれらの検索される頻度や経年変化を分析した。

そこから、大学のブランド力に関係する100以上の言葉を、教育業界の専門家らと共に抽出し、体系化した。

 

ブランド力ランキング作成にあたり用いたデータは、(1)学部名(略称を含む)の毎月の平均検索数の多さ、(2)難関大学・学部で共通して検索される言葉の種類の多さ(例えば「難しい」という言葉)、(3)上記の言葉の毎月の平均検索数の多さ、(4)第一志望の学部の受験対策を調べる際に共通して検索される言葉の種類の多さ(例えば「対策」という言葉)、(5)上記の言葉の毎月の平均検索数、の5つである。

では以下、その「結果」を紹介しよう。