Photo by iStock

「食べても太れない」ハードゲイナーの僕が感じた、想像を絶する苦悩

羨ましいと言われるけれど…

僕は「ハードゲイナー」

僕は食べても太れない。身長は175cmであるが、体重は常に50kg前後。大して食べていないからだろうと思うかもしれないが、それは大きな誤解だ。

幼い頃から母には「あんたは本当によく食べるね」と言われ続け、今は妻に同じことを言われる日々を送っている。自分では大食いとまでは思わないが、一般男性並みには食べている自覚はある。

でも太らない。いや、“太れない”のだ。

 

僕は3人兄弟の真ん中で、兄と妹も揃って痩せている。両親も今はごく普通の体型だが、昔の写真を見れば痩せていたようではある。どうやら痩せているのは、遺伝が関係しているように思える。しかし兄弟の中でも、僕だけ痩せ方があまりに異常なのだ。

本やYouTubeなどで、自己の成長に役立つコンテンツ探しを日課としているが、その中で自分と同じような体型のYouTuberさんが、徐々に太っていくのを目の当たりにした。そのYouTuberさんは健康のために太ろうと、筋トレと体重増加用のプロテインの摂取を始めたらしい。

Photo by iStock

僕も30代半ばとなり、妻もいる身。健康診断でも毎年痩せ過ぎを注意されているので、健康のために頑張って太ってみようと決めたのである。 筋トレには自己肯定感を上げてくれる効果もあり、自己の成長に繋がるため、一石二鳥だ。

そうして筋トレとプロテインのことを詳しく知ろうと、独自に勉強を始めた。プロテインは種類が豊富で、原料の違いで効果も変わる。そこで、体重増加用のプロテインを探していると、「ゲイナープロテイン」という名前を発見。どうやらこれらしいと、詳しく調べてみると「ハードゲイナーの方におすすめ!」という文言が。

……ハードゲイナー?

僕の特異な体質を表す言葉を、初めて知った瞬間だった。